薄毛

薄毛

薄毛の方のための育毛ヘアケア方法

薄毛原因

薄毛の原因は、なんでしょう。
おじいちゃんもツルピカだったしなあ~。
遺伝もありますが、自分自身で薄毛の原因をつくっていることがあります。

現代社会にあふれるストレスも薄毛の原因の一つです。
食生活や不規則な生活習慣も髪の毛には悪影響がありますね。

わかっちゃいるけど…お仕事の関係などで変えることができないことはありますね。
まずはその部分を解消したいところです。
がんばってください。

それはさておき、ヘアケアについて。

薄くなってきたなあ~、誰かが勧めていた養毛剤の○○でも使ってみるか~
と、いきなり養毛剤に走っても、実は効果はあまり望めないです。
育毛には順番があるのです。

薄毛対策

まず、頭皮を清潔に健康にしましょう。
毛穴が脂分で詰まっている状態で何をふりかけても、意味がありません。

それに、薄毛の人は、頭皮が炎症を起こして発毛しない状態になっている事が多いのです。
まずはじめに、この部分を改善しないと、育毛剤の効果が出てきません。
そのためには育毛用のシャンプーを使うのですが、市販のアルコール系シャンプーは頭皮には刺激が強すぎてよくないものが多いのです。
コーティング剤の入っているものも多いのですが、一時的に髪がサラサラになるのでごまかされてしまますが育毛にはよくないのです。

シャンプーは刺激のないアミノ酸系のシャンプーがいいでしょう。
(ウーマシャンプー、スカルプD、ディグニティなどが有名です。)
コンビニに並んでいるようなものよりお値段は張りますが、ぜひ替えてみてください。


次に、育毛剤で頭皮に栄養を与えます。

育毛剤の役割は、頭皮の血管を広げ、血流を良くし、毛根に栄養をたくさん届けることです。
人間本来の自然な育毛機能を促進するのです。
シャンプーとは役割が違いますから、どちらかを使うというのではなく、両方使いましょう。
サプリメントなどと併用することも効果的でしょう。

育毛剤に含まれている成分が頭皮を刺激してよくないことがありますので、シャンプーと同様に、化学成分無添加のものがよいでしょう。
「M-1 発毛・育毛ミスト」などが、肌の弱い方でも安心です。


そして、やっと最後に薄毛を克服するための発毛薬を使います。

プロペシア(薬名:フィナステリド)とリアップ(薬名:ミノキシジル)です。
「フィナステリド(プロペシア)」には抜け毛を抑制する効果が、「ミノキシジル」には発毛を促進する効果があります。

頭皮の環境を整えてあれば、男性型脱毛症(AGA)には、かなりの効果があります。
医薬品ですから病院で処方してもらいましょう。

産後の抜け毛が気になりはじめたら?

女性に人気急上昇★抜け毛・薄毛予防対策シャンプー

薄毛 トップへ戻る