ソーラーパネル

ソーラーパネル

原子力発電に大いに問題を抱えるこの時代、家庭で電気を作れるソーラーパネル、太陽光発電はこれから活躍の場が増えそうです。

yahoo! でショッピング > ソーラーパネル

ソーラーパネル原理

ソーラーパネル、太陽光発電、太陽電池とも言います。ソーラーパネルは太陽光のエネルギーを吸収し、半導体を利用して、エネルギーが熱に変わる前に、電力に変えるものです。

太陽光から電力への変換は直接、瞬間に行われます。 太陽光が当たっている時しか発電しませんが、蒸気や化学反応、回転運動を使う必要がありません。 太陽光発電は、燃料を使わず、排気ガスもなく、もっともクリーンなエネルギーと言えますね。

太陽光発電は、電池交換が不要なので、低コストとして、電卓、腕時計、道路標識、街灯、駐車券発行機など幅広く使われています。 また、電力供給が難しい場所、海洋や山岳地帯の観測機器、人工衛星、宇宙ステーション、離島、送電網の未熟な地域でも太陽光はパワーを発揮します。

温室効果ガス排出量削や、需要ピーク時の補助電力用、非常用の電源としても太陽光は有用です。 家庭用のソーラーパネルは、以前は、太陽の「熱」を利用するシステムが主流でした。 「太陽熱温水器」(ソーラー温水器)と呼ばれ、お風呂のお湯などに利用されます。

今ではソーラーパネルといえば、熱の利用より光の利用です。 太陽光を利用するシステムは「太陽光発電」(ソーラー発電)と呼ばれ、太陽光を電気に変えて、家庭の電力をまかない、余った分を電力会社に売ることもできます。 ソーラーパネルを設置すれば、売電することで経済的なメリットがあります。 発電した電気は、まず家庭内の消費に回され、余りは、売電メーターを通じて電力会社へ流れます。

太陽光発電が電気を多くつくる昼間は、売電メーターが動き、発電しない夜間は買電メーターが動きます。 昼間は高く、夜間は安い時間帯別契約をしておけば、電力を安く買って高く売ることができますので、電気代の支払いより収入が多くなることもあるのです。

ソーラーパネル価格

【ソーラーパネルの導入費用】 太陽光発電システム取り付けに掛かる費用の目安は、1kWあたり55万円です。 3.5kWを発電するシステムを導入する場合でしたら、55万円×3.5kW=192.5万円ですね。 実際には、販売店により差が出ますので、一括見積もりサービスを利用するのがよいですね。

【補助金について】 太陽光発電導入には、国と都道府県、市区町村からの最大3ヶ所から補助金がもらえます。。 都道府県や市区町村により違いもあり、予算上限もありますので、事前に十分確認してください。

【光熱費】 発電の状況によって異なりますが、光熱費が実質無料になることはあります。 昼間に発電した電気を使うことで昼の電気代はかからず、発電した電気を売ることで収支がプラスになることもあります。

【全量買取制度】 今年(2012年)より全量買取制度が始まりました。 (産業用。家庭用は余剰買取制度のみ) なんと、電力会社から電気を買う金額(24円/1kWh)より、売る値段(42円/1kWh)のほうが高い。 投資感覚での導入も考えられますね。 ソーラーパネルで儲かる! という時代がやってきたのかもしれません。 現在、電気代の請求書には太陽光発電促進費が含められています。 電気買取費用に当てられているそうなので、太陽光発電を導入していない家庭は、なんだか損しているようですね。 燃料と違って太陽光はなくなることがありません。 こんなありがたい太陽光エネルギーはもっと有効利用したいですね! ソーラーパネルで脱原発を!!

【パネイル】太陽光発電一括見積り(産業用)

ソーラーパネル トップへ戻る

Copyright 2014 © yahoo! でショッピング All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ
seo great banner
  • 無料SEOツール
SEO対策テンプレート