熱中症

熱中症

熱中症の応急処置と予防

熱中症とは

熱中症を軽く見てはいけません。 死に至る可能性もあります。

熱中症は、梅雨入り前の5月頃から発生し、梅雨明けの7月下旬から8月上旬に多くなります。 急に蒸し暑くなると、発汗など、体温調節が追いつかないのですね。 日射病と違って室内でも起こります。 体育館や工事現場、風呂場など高温多湿の場所で、体の熱が発散されにくくなります。

高齢者や肥満の人、体調不良、運動不足の人、心臓疾患や糖尿病、皮膚疾患など体温調節ができにくくなっている方は脱水に注意です。 飲酒や薬も自律神経に影響します。 熱中症の危険信号はこのようなものです。

●暑い体温、皮膚が赤かったり熱かったりする。
●汗をかかない。
●ズキンズキンとする頭痛。
●めまいや吐き気
●呼びかけや刺激への反応がおかしい。(意識障害) 体にガクガクとひきつけがある、真直ぐ走れない・歩けないなど。
●筋肉のこむら返りや立ちくらみ・大量の発汗・頭痛・気分の不快・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感・体がぐったりする、力が入らない。
●痙攣・手足の運動障害などキケンです!

熱中症応急処置

熱中症の疑いがあるときはの場合は救急隊を呼びますが、現場でもすぐに体を冷やし始めることが必要です。 いかに早く体温を下げることができるかが生死にかかわります。

●涼しい環境への避難  風通しのよい日陰や、クーラーが効いている室内などに避難します。
●脱衣と冷却  衣服を脱がせて、体から熱を逃がします。  皮膚に水をかけて、うちわや扇風機などで扇いで体を冷やします。  氷や冷たい缶ジュースなどで、頚部、腋窩部( 脇の下)、鼠径部( 大腿の付け根、股関節部)に当てて、血液を冷やすことも効果があります。
●水分塩分を補給  スポーツドリンクや食塩水を補給して体の内側を冷やします。  ただし、呼びかけに反応しないような重度の熱中症の場合は水分が気道に入ることがありので口から飲ませるのはキケンです。  吐き気がある場合はすでに胃腸の働きが弱っています。緊急搬送で点滴や血圧測定が必要になります。 そばにいた人が付き添って状況を教えてください。

熱中症予防

日常生活での注意事項
(1)暑さを避けましょう。エアコンなどをじょうずにつかいましょう。
(2)服装を工夫しましょう。クールビズです。
(3)こまめに水分を補給しましょう。汗を書くことは大切なことです。ただしアルコールはダメです。
(4)急に暑くなる日に注意しましょう。梅雨明け要注意。
(5)ふだんから体を鍛えて暑さに備えましょう。

熱中症 トップへ戻る

Copyright 2014 © yahoo! でショッピング All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ
seo great banner
  • 無料SEOツール
SEO対策テンプレート