自動車事故

自動車事故

自動車事故の際に覚えておきたいことです。

yahoo! でショッピング > 自動車事故

自動車事故 対応



一生経験しなくて良いならそれに越したことはありませんが、自動車に乗っている以上、事故は起こりえます。

お陰様で私自身は重大事故を起こしたことはないのですが、自動車同士の物損事故など軽い事故の経験はあります。また、自動車販売や、旅客輸送の仕事にも携わっておりましたので、他の人の自己処理にはずいぶん関わって来ました。事故処理の専門家ではありませんが少し経験の多いドライバーとしての立場から書いてみたいと思います。

事故を起こした場合、最初の対応がのちのちにまで影響してしまいますので、おちついて対応しましょう。
ここでは法的なことなどあまり詳細には触れず、現場で取るべき行動を書いておきます。

1.人命救助が最優先
もしけが人がいるような事故でしたら、救助が最優先です。
二次被害防止の為安全な場所へ移動してください。
車両の損傷が激しい場合は火気厳禁です。(漏れた燃料に引火しないように。)
軽度の衝突事故でも往来の真ん中で争いませんように。

2.110番、もしくは最寄りの警察署へ電話。怪我人があれば警察からも救急車を手配してくれます。
自分でかけられなければ周囲の人に頼むのがいいでしょう。
軽い事故だったとしても、のちのトラブルを避けるために必ず警察に事故の受理をしてもらっておきます。自動車保険の請求には必要になってくることも多いです。

3.証拠保全。目撃者があれば証言してもらうとよいでしょう。また、写真をとっておけばのちの保険請求の際に役に立つかもしれません。目撃者の連作先を聞いておくのも良いと思います。

4.警察の実況見分。相手があれば双方の連絡先と保険会社の連絡先を交換します。
その場では示談しないようにします。軽い物損事故だと思っていても、実は結構な損害だったり、のちにむち打ち症状が出たりして人身事故に切り替わることもあります。

5.加害者になった場合は誠意ある対応をしましょう。いい加減な対応は、のちのちまで引きずります。
しかし、賠償に関しては保険会社の担当に任せて、うかつなことは言わないようにします。(自動車保険に加入していることが前提です。)

6.被害者になった場合、相手によっては警察に届けないで欲しいとか、人身事故にはしないでほしいとか、いろいろな要望が出る場合があります。
あえて相手をいたぶることはありませんが、正当な手続きは行うべきです。結局それが自分にも相手のためにもなります

7.被害者になった場合は相手の保険会社の担当と交渉することになります。
保険会社は基本的に法的範囲で加害者の損害賠償を負うだけですので親身になってくれるわけではありません。あんまり感情をぶつけても仕方ないです。
自分側の保険会社に相談するのもいいかと思います。過失割合がある場合は保険会社どうしの話し合いになります。
相手側が保険に入っていないということもよくあります。
この場合は直接相手と交渉することになりますが、自分の保険に無保険車傷害条項、人身傷害保険がついていれば、自分の保険から保険がおります。あとのことは保険会社に任せられます。

8.保険金で得をするということは本来ありません。あくまでも補償です。失ったものは返ってこないことは多々あります。
ただ、本人同士で交渉するより冷静に交渉してもらえますので頼りにはなります。
保険内容によっては弁護士サービスなどの特約もあります。
保険会社とは別に無料法律相談を利用することもできます。

9.長引かせない秘訣は誠実であることです。事故の際は責任を認めず相手を攻撃することがよい、などという人もいますが、そうとも言えません。
周囲の声に惑わされず、正しい選択をしましょう。

自動車事故 保険

事故に遭遇するというのは、ほんとうに気の滅入る嫌なことです。
いつまでも引きずるのは精神的に消耗します。
安全運転は常日頃心がけましょう。

そして、最悪の状況から幾分でも救ってくれるのは保険です。
使わなければ無駄に支払うだけのようにも思えますが、自動車を運転する以上、自動車保険への加入は必須だとおもいます。
未加入、もしくは保険更新忘れの時に事故を起こすと地獄を見ることになります。

昔は、自動車保険はどの会社も一律同じ内容・金額でしたが、現在は各社特色を出しています。
特約も色々なバリエーションがありますし、自動車の使用方法によって保険料に違いもあります。
いちいちそれぞれの保険会社に問い合わさなくても一括で見積できるサービスがありますから、利用されてはいかがでしょうか。

自動車事故 トップへ戻る